息子のこと、日々の暮らしのこと。

<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

4歳になりました&ありがとうございました
先月、坊の4歳の誕生日を迎えました。
いつも言ってますが、こんなにあっという間に大きくなるなんて・・・。

当日はケーキを焼いて(正式には母が焼いてクール宅急便で送ってくれて^^)
それをデコレーションしてお祝いしました。


生まれてきてくれてありがとう。
日々色々あるけど、いつも大好き。





ここで皆さまへお知らせ。

最近このブログ、なかなかタイムリーに綴ることもできず、
日々の記録はFBが中心になっているのですが、
やっぱりちゃんと記録として残すのはブログだし・・・と細々続けてきました。
そしてもうひとつは写真のこと、
坊もだいぶ大きくなってきたので、隠して載せようか、
なしにしようかというのも迷ってました。

星の数ほどあるブログの中で拙ブログなど細々綴っているものだから
全然気にしなくてもよいのかもですが、
一応公の場にあるものだから、内容を省略していたりと、
成長を記録するというものに適わなくなってきているのかなと・・・。
そんな感じで考えてしまっている状態なので、
ひとまずここで区切りを、ブログを終わりにすることにしました。


書くことが好き、写真を撮ることが好きな私にとって
ブログは表現できる場であり、好きなことの一つでもあったのですが、
坊が生まれてからは、初めての育児で分からないことだらけで、
こちらでのやり取りに随分と救われ、また新しい出会いもたくさんあり、
本当に感謝してます。

ブログでおつき合いある方には変わらずお邪魔させていただきますので、
引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。

これまでどうもありがとうございました。

saana




JR九州の電車&雑記
今回は珍しく?多分お初?鉄道ネタです。

坊と同じくらいの年の男児はたいてい、車派、電車派に分かれると
思うのですが(あ、まだ戦隊モノには足を踏み入れておりませぬ)、
坊は車派でして、ま、プラレールを敷き詰める初期投資に比べたら、
トミカ数台で満足してる坊がかわいくもあるのですが、
帰省したときは、この人が小鉄だったらなぁ〜なんて。
博多駅での電車ウォッチングも楽しいし、帰り博多から実家への電車も
基本ローカル電車なのですが、たまに停車する特急電車に乗れないか、
どの電車が走っているのか、を聞くのにみどりの窓口に並んでみたりと(笑)
なにげに九州限定のママ鉄かもしれません。
そんな感じで、ちょっと魅力的なJR九州の電車のことを。



この時期、新緑が一番美しい時期、例年ならば九州の山・・・
阿蘇、久住、霧島あたりに出かけるのが常なのですが、
今回は帰省が母子ということもあり、実家のみの滞在でした。

電車に乗るとJRの車内広告で山が、温泉が〜呼んでますが、行けず残念。



↑JR九州列車の旅
http://www.jrkyushu.co.jp/tabi/portal/index.jsp から引用




↑九州新幹線で熊本、鹿児島へ
http://www.kyushushinkansen-warau.com/ から引用




個人的には定番の熊本は阿蘇に加えて、最近鹿児島との県境にある人吉、
あとは福岡は久留米から山にかけてのエリア、朝倉や筑後あたりも気になります。

このフリーペーパーを読んで影響されてます。
スローな街歩き「ちくご散歩」
http://www.crossroadfukuoka.jp/chikugo/




なぜJR九州の電車のデザインがおもしろいのか、
ざっくりとググってみましたら・・・
収益性の高い列車を持つJR東日本、西日本、そして東海道新幹線を持つJR東海、
これに比べて九州はそういった路線もない上に、九州自動車道が早くから
整備されているので、車以上に魅力のある電車を作るという方向になったそうです。

そして、車両デザインを語る上で欠かせないのが、
工業デザイナーの水戸岡鋭治氏というお方。


→躍進するJR九州が人を呼ぶ理由は“できない”ことを“やる”
http://goethe.nikkei.co.jp/human/110915/


→JR九州のユニークな駅 レトロな駅vs水戸岡デザイン駅 
http://allabout.co.jp/gm/gc/384674/







水戸岡デザインに魅せられまして、図書館で一冊借りてきました。




これ、氏のデザイン画集&沿線の観光情報をイラストで。


九州新幹線つばめ


つばめの車内


つばめのポスター。シブすぎる〜。


旅ゴコロも刺激されます。






787系「つばめ」がホテルにたとえられるならば、
「ゆふいんの森」は別荘のような〜だそうです。


美しいニッポン。(ライトの下で撮ったので写真が全体的に黄色いですが。)









以上、なんちゃってな鉄ヲタ記事終わり。以下は、暮らす場所、について考えたこと。

帰省すると、毎回この本に書いてあることを、痛感します。
特に311以降、どこで暮らしていくのかということ、誰しも考えたことだと思います。




毎度帰省や旅したときに思うのです。東京暮らしって・・・。

やんわりと田舎暮らしに憧れるところもあるけど、
現実として、東京を離れるという決断もできないし、
実際の暮らしはこちらにあり、東京の暮らしだって楽しいし大切にしたい。
でも週末ごとに
「今日はどこいく〜?」
「そうね、公園行って、帰りにパン屋行って・・・。」
そんな週末が続くとなるとそれもまた閉口してしまうのであり。(身勝手な。)
まぁ、どちらがよくて〜と決めるのは難しい話です。



今回数日の滞在で、自然の中でニュートラルな自分に戻り、はて?
自分の中の思考でふと気づきました。

毎度実家から東京に戻るとき、
「次帰ってくるのはいつかな〜来年かな?」

↑この思考、帰省は年に一回って誰が決めたんだ?ってことです。

もしかしたら、自分で勝手にそう決めつけてるだけであって、
確かに去年のような長期の滞在は難しいかもだけど、
今回のような数日といった滞在でも存分に満喫できるわけで、
心も体も解放された分?新たなアイディアが浮かんできまして。

これからは格安航空の時代。日本も海外並みな時代になると信じて、
週末プチ田舎暮らしだって存分にあり得るわけです。

ここに綴るとぶっ飛んでる感もありますが、
毎回の新月のアファメーションに追加することします。
書くことは実現すると思ってるので〜ムヒヒ。



今は日がどんどん長くなって嬉しいですね。このときの福岡の日の入りは19時頃。
帰る前の日、この夕陽を眺めて、充電完了です。








と余談。
東京に戻る便、福岡空港にてのこと。
日曜の空港は大混雑。保安検査場では間際の出発の乗客を別ゲートで
案内するスタッフが走り回ってました。
みんな帰るのね〜とチェックインしようとチケットを出して目に入ったのが・・・
「東京成田」
ん!?

なんだこれ〜!行かない行かない行かないし!
坊の手を引いて大急ぎでカウンターへ。
はい、予約ミスです。わたくしの。
日曜の便なのに、結構ガラ空きなのね〜と予約したのは覚えてます。
そりゃそうですよ、成田ですもん〜。

ダメ元で羽田便の空きを確認してもらって・・・でもバラバラで空いていても仕方ないから、最悪成田からバスで帰る覚悟をしていたら、なんと2席並びで空きがあったのです。
それでもって、この便満席となりました。
で、出発間際だったので、特別ルートから案内してもらっての搭乗でした・・・。
私らしいっといったら私らしいエピソードですが。(爆)
完。





庭の楽しみ
帰省すれば、毎度の庭生活も楽しみです。

DSC_0131.jpg

今回なってるのはなにかな〜?

DSC_0132.jpg

さくらんぼ。





DSC_0202.jpg

ひな坊鳥にほとんど食い尽くされました。
DSC_0199.jpg





畑でも仕事があります。




一日私は1人で外出したので、その日坊と母は畑仕事の日。
じゃがいもを植えて、トマト植えて、豆3種収穫して、
その都度生でボリボリ食べていたそうで。やっぱり採れたては甘いんでしょうね。
お昼ご飯も食べなかったけど、豆でお腹いっぱいになったそうで。

普段ほとんどできていない土遊び。
裸足になって、思う存分満喫したようです。





で、ご褒美にイチゴを摘んで食べました。
やっぱり白いものまで鳥に食い尽くされた模様。

DSC_0542.jpgDSC_0548.jpg






初夏の風が心地よい季節。
庭の草花も成長著しく緑はぐんぐん伸び、花は咲き乱れ、
一年で一番美しい季節です。


DSC_0509.jpg




DSC_0425.jpg




DSC_0175.jpg




DSC_0227.jpg



DSC_0516.jpg




DSC_0513.jpgDSC_0526.jpgDSC_0245.jpg







帰省
GW明けの数日間、実家に帰省しました。

坊の幼稚園もあるし、私も仕事を始めたしで、
去年のような1ヶ月というような長期での滞在(どんだけお邪魔虫・・・)
はできませんが、数日間でもすっかりリフレッシュできました。



まずは地元の神社に日頃のお礼参りです。
そして近所の道の駅で新鮮な魚と野菜を買います。



朝採れ野菜と水揚げされた魚を目当てに、道の駅はいつ行っても大盛況です。
ここの食堂で思う存分魚を食べます。と、この食堂、皿や小鉢を取るシステムだと
ついつい取りすぎてしまうのです・・・。ま、これもお決まりです。




台所にて。この時点でまだ生きてるイカ。
坊に指でつつかれて、体を硬直させてました。



この日はイカの刺身と天ぷら。

食べかけ写真ですみませんが・・・。




田舎の景色。今は麦の時期。
夕方になるとこれが黄金色になってとても美しいのです。










実家ではお決まりの犬との暮らし。

またコイツやってきたのか!
チワワのじーは子供が大嫌い。
もともと嫌いな上にやりたい放題の坊に振り回されて・・・
でも去年に比べて、加減が分かってきて、それほど無理はしない・・・
けどやっぱり走る〜。老犬にとって受難の日々です。(笑)


そして、もう一匹の老犬。


かつては野山を駆け回ってたくましい勇姿だったゲンももう14歳。
実は帰省前、歩けなくなってとうとう介護生活始まったか?
大型犬の介護は本当に大変なようですね。
本当は祖父母のお墓参りに山口の萩まで泊まりで行こうかと
話していたのですが、ゲンのことがあり、今回はお墓参りにいけずでした。
でも私たちが帰ってからは幾分か持ち直して、
一緒に散歩に行くことができました。
が、今年の夏どうかな・・・というところです。



実家に帰るときのこれもお決まり・・・ブログ友のこもちモチさんと遊ぶ。
0歳児のときから帰省中の恒例行事ももう何回目なんだか。
本人たちもすっかりお友達です。


前は寝る時間とか、離乳食とかの話をしていたのに、
幼稚園のこと、性格のこととか・・・話す内容も年々変わるもんですね。
去年は赤ちゃん赤ちゃんだった次男くんも子供になりつつあるし。

弟が大好きな太郎くん。
坊は今のところ一人っ子で仕方ないといえば仕方ないのかもですが、
下の子に対する思いやりとか、やっぱり下に弟、妹ができた子は優しいですよね。

ちょっとばかりできることが増えてきて、幼稚園でも下の子たちが入ってきて、
少しばかりお兄ちゃんになった気分の坊は
小さい子に対してきつめだったりすることもあるのですが(汗)
「坊も小さいときお兄ちゃんお姉ちゃんに優しくしてもらったんだよ。」
というと、「やさしくする〜」と言うけど心の底からは理解してない感じ。

でも、今回弟くんが坊のやってることを邪魔して、もう!となってると、
向こうの方から太郎くんが、「ごめんね〜。ごめんね〜。」
これは教えられたからとかではないですよね。びっくりしました。うちにはないことだなぁ。




帰省の話、次は庭と畑のことです。







1年
朝、TSUTAYAにDVDを返却に行って、本屋。
かかってる音楽もいいし、インスパイアされる本もいっぱいある。
アートな本=生活を豊かにしてくれる本。
けれども、こういう本って余分なことなんだろうと思った。
隣の311の本を見ると。
3月に入って多く特番が組まれていて、
こうして生きていること、命があること、大切な人がいることが
どれほど大事なことか。
NZの地震はもう1年経ったんだと思ったけど、
311については全くそういう気にならない。
ましてや被災された方はどんな思いでいることか・・・。


帰りタワーに上った。
1年後の朝は穏やかな朝だった。
少しずつ少しずついい方に向かっていきますように。






放射能については震災とは別で、全くの人災だけれども、
この1年、いろんな思いがありました。
これについては、ほんとに人それぞれの考えがあって、答えがあるものでもありません。

twitterは貴重な情報源で、日々かじりついて見てました。
が・・・それは必要な情報とともに、
恐れの感情も自分の中に多く取り込まれていること、
エネルギーを多く費やしていること・・・は薄々気づいていたのですが、
やはり守るべきものが・・・という理由などをつけては続けていたけど、
最近は距離を置くようになってます。
(情報源であることには変わりないのですが、必要なときにだけ、というスタンスに。)

このことに関しては、すぐに終わるものでもないし、
認めたくはないけど、被ばくもゼロではない、向き合っていかなければ
ならないものだと思うようになりました。悲しいことだけど。


最近ガイガーカウンターを手に入れたことも大きいのかもしれません。
漠然と目に見えない不安、のようなもの・・・やっぱり自分の目で見て
判断できるというのは大きいなと思います。


思えばこの1年、自然というものと全然繋がっていなかったなぁと。
もちろん自然は好き、といいながらどこそこの自然とふれあったりはしてるけど、
目の前の空気、を深呼吸できなかったり、
この木々もセシウム付着してるんだろうか・・・とか
そもそもそれは人間活動から派生したものなのに、
疑いの目を向ける自分・・・本当に身勝手な存在だと思います。

と、書いているところで結論は出ないのだけど、
日々の生活を恐怖心に駆られることなく、地に足つけて歩んでいきたいものだと
1年という節目にそんなことを思う今日このごろ。
ということで、独り言のような日記でした。









カレンダー&カメラ修理
今日から2月。早いなぁ。カレンダーを1枚めくります。

撮りためた写真で毎年カレンダーを両実家に贈ってます。
でも毎度納期が遅れて、1月は半分くらいしか掛かってない状態なのですが・・・。

先日実家に行ったときちょうど届いてました。
aDSC_2497.jpg

だいたいその前年の同じ頃の写真を選んでいるので、
成長ぶりが分かります。

aDSC_2501.jpgaDSC_2502.jpg
だいぶぷっくりしてます。








+++

先日のスキーでは、坊の初スキーの記録を残そうと、
母はメディア隊として、一眼レフやビデオ、ポケットにはスマホと
てんやわんやしながら滑ってました。
寒すぎて手がかじかむ上に、
リュックの中にはいろんな荷物が入りすぎてて、
すぐに出てこない状態・・・so disorganized.


そしたら、あら?レンズキャップがない?
落としてしまったかも・・・。
やっぱりね、この様子を見ていた夫に指摘され、
やばしと思いながら、ここ一本しか滑ってないから大丈夫なはず、と
リフトに乗りながら落ちてないかな〜と探してみたり(そんなん無理な話〜)、
でも滑りながらも探しながら下りてたけどない・・・。
と夫にやっぱりないじゃんと指摘されて止まった場所に、
ん?この黒い物体は?と埋もれているものを掘ってみると、
なんとレンズキャップでした。そんな話って。

aDSC_0113.jpg

ま、そんな話はどうでもいいんです。この後の話に比べると。





スキーが終わって帰るときのこと。
疲れていたから、寒すぎて、いや、なんの口実にもなりませぬ。
一眼レフを落下させてしまいましたぁぁ。

リュックをトランクに積んで出発、そしたらトランクが半ドアだったので、
開けてみたらリュックが落下・・・。
いやもう、はい、ガサツすぎるんです。
そんな扱いをすること自体、信じられない、と夫。はい、おっしゃる通りです。

で、開けてみたら、レンズが割れている〜!やってしまった〜!!
でもよく見てみたら、本体レンズの外側のプロテクターレンズ
(市販の安いやつ)が割れていて本体のレンズはどうやら大丈夫そう?
とはいっても、落下自体、本体にダメージですよね。


修理代はいくら?場合によっては買い替えた方がいいの?
といってもそんな出せる金額じゃないし・・・そんなものをどうしてこんなふうに。
はぁ〜もういくら後悔してもしたりません。
あっ、でも、購入したビ○クカメラの長期保証5年があった!
と確認してみたら、2012年1月2日で切れてるじゃないですか〜
しかし、そもそも落下というこちらの不手際では保証対象外かな、などなど、
いくら考えても元には戻らないわけで。


よりによって、今週末から旅行に出かけるのですが、
カメラなし〜?それも痛すぎます。ということで、緊急入院。
したものが、戻ってきました。




報告書には落下のショックによる動作不良はないということでした。よかった〜。
ついで、かねてからのカメラ内部のホコリが写真に映り込んでいたのも、
清掃してクリアにしてもらいました。
あとは、レンズの方も今のところ大丈夫そうなのでよかったです。
今のところ・・・というのは、修理のくだりではメーカーの対応に
いたく憤慨したのですが、FBの方で毒出しをさせてもらったので、ここでは割愛です



ほんとほんと今回のは痛い学習でした。
ついでいうと、年明けにコンデジのGR靴鮟ねに出したばかりで、
2台しめて3万円也


ということで、悲しくも、心機一転?カメラライフを送ることができます。
今度からはもっと愛をこめて扱います。
カメラバッグも買いました。




カメラバッグ探していたのですが、
いいと思ったものは結構高かったりして、
ずっと真っ黒なおっさんっぽいカバーに入れていたのですが(笑)ようやく。
プチプラが嬉しいです。
http://www.online-marks.com/products/detail/41608




今週末からの行き先はハワイです。
今どきこんな人が〜の初オアフです。
Bigislandとマウイには行ったことがあるのですがね・・・。
ひな坊にとってもパスポート2回目、
今回から飛行機もちゃんと一席です。

最近旅行の準備をしていると、
「おとーさんもあっくんたちと一緒にいくの〜?」
って、おとーさんが連れて行ってくれるんですから・・・。











コーヒー
今週から坊の3学期が始まりました。
ついで1時間バスの時間も早くなりました。
(3ヶ月に1度バスの時間が変わります・・・早バス組は朝練があるのです。)

これまで朝寝坊気味だったので、朝のお弁当作り等々でバタバタ。
で、坊は朝ご飯あまり食べないから、せかして食べさせ、
またボーッと教育テレビ見てるので、せかして着替えさせつつ、
もう行かなきゃ!でバタバタと出かけるというパターン。
帰ってきて一息。ふぅ。



コーヒーを一杯。
今週届いたグラウベルさんの豆はエチオピア。
メッセージには、高めの湯でサラッと淹れてください。
レモンのような風味があると思います、と。


「コーヒーなんだけど、○○のような・・・。」
コーヒーを淹れるわずかな時間の中で、
コーヒーなんだけど、これ、どこかで嗅いだ匂い?どこだっけ?
立ち上る湯気に包まれて、膨れ上がる豆の泡だけを見て、
そのときの景色を思い出す・・・。
あぁ今日も分からなかった、ということも多いけど、それはそれで。
その時間は瞬間トリップしてるし、瞑想状態であるとも思うのです。


で、坊の残したパンをまた焼き直して食べます。

aDSC_0035.jpg


そういえば、先日、コーヒードリップが割れてしまいました。
ドーナツドリッパー。

以前、ドリッパーの木枠だけ売られてるのを見て、
はて?と思っていたけど、なるほど〜合致。
見事にまっぷたつになりました。

オーダーしなきゃと思っていたら、横に坊が来て、
「落としたらダメでしょ。バリンしたらダメッ。」
最近お説教キャラです。

そしたら、「あっくんがくっつけてあげるからね。」
と持っていき、ん?と思っていると、
テープをびーっと伸ばして、あぁ、なるほど!
結局こうなりました。

aDSC_0035-2.jpg

全然直して使う、という脳がなかった!
すぐに新しいのを新調するではなく、これでまだまだいけそうですね。







週末の朝食後の食卓。

aDSC_0001.jpg

クロワッサンのくずをダンプカーに載せて、まき散らさないでくださ〜い。



aDSC_0003.jpg

それをゴミ収集車に移すのもやめてくださ〜い。

もう放置で。あとでまとめて掃除機です。






遅くなりましたが、今年もよろしくおねがいいたします。






人んちカレー
週末は人んちカレー。
文字通り、人んちのカレーを食すイベントに行ってきました。
人んちのカレーはどうして旨いんだろう〜。




銀杏はちょうどピークを迎えてました。
しかし今年は暖かい秋が続いているからか、
紅葉のシーズンもずれ込んでませんか?
銀杏でさえ、11月の下旬、場所によってはうちの近所もしかり、
下手すれば12月にピークだし、もみじが真っ赤になるのは12月ですよね。
紅葉の秋が12月?時代が変わりつつあるのかなぁ〜なんて考えました。





さておき。
今年もやってきました、羽根木公園。
aaDSC_0036.jpg

今回は11皿、
カレーひとつでいろんな味ですね〜。
ごはん少しずついろんなカレーを食しました。
いちいち席に戻っていては、カレーがなくなってしまうので、
最初のうちは、皆こんな感じで鍋に群がって立ち食いです。


11の鍋もあっという間になくなるので、去年の教訓、
小さい鍋から順に、ということで、
今回もちょこっとずついろんな味をいただきました。

aDSC_0027.jpg
この人たちは、マンゴーカレーが甘甘で進んで食べてました。
あと、カフェ風ドライカレーもお気に入り。


友達ママは今回カレーを作ってきました。
炊飯器にたんまりとカレーを入れて、
それはダンナさんが車で送ってくれたんだろうと思いきや、自転車。


で、前カゴには子供が、
背中のリュックには子供たちの遊び道具がたくさん。
もーほんと若いのに、かーちゃん立派!
自転車ではカレーは運べないだろうと思ってたけど、
来年は私も作り手で参加してみようかなぁと思います。

aDSC_0029.jpg




この人はというと、カレーのあとは、
私のバッグからおやつ→みかん→友達のお菓子・・・というエンドレス。
食い意地張り過ぎです。
aDSC_0051.jpg



おやつコーナーが開いたら、2人そろって出没しては、
こそっとつまんで・・・を繰り返してました。
aDSC_0186.jpg


遊び道具を持ってきても、基本的に2人で「よーいどん」していれば
どこまでも走る人たちなので、でも昔と違って、
遠くに行っても2人で戻ってくるようになったのがすごい成長を感じます。




お隣のプレーパークまで遠征。


ウルトラマン?




相変わらず「んぐり!」
宝物を見つけたかのように、大事そうに拾っていきます。
aDSC_0168.jpg

でも拾うことにのみ熱心で、
家に帰っては別に興味もないといった感じ。
(のでこっそり・・・虫がわいても困るしね。)

aDSC_0173.jpg
aDSC_0100.jpg






黄色い絨毯の上、楽しい一日となりました。
aDSC_0151.jpg





まもなく秋も終わり。冬がやってきますね。










サイクリングな日
先週末、夫が1週間ぶりに出張から戻ってきました。
ま、普段はほぼ母子家庭とはいえ、朝も夜もずーっと2人というのも、
なにかと辛いものです。
出発する前の日は義母も泊まりにきていて、にぎやかだったのが、
お父さんも、あーちゃんもいなくなって、
「さびしいよ〜。あっくんも一緒行く!」
そんなときに、ひな坊のおば的?友達が遊びにきてくれて、楽しいな〜。
でも友達も帰っていき・・・みんな帰っていっちゃう〜。うぇ〜ん、な週末でした。



そんな感じだったから、夫が帰ってきたら、飛び跳ねて玄関に。
いつもお決まりの近所の蕎麦屋で一杯です。

b2011-1112-204445949.jpg




昨日はいい天気だったので、ぶらりお出かけ。
サイクリングな一日、携帯写真日記です。

aDSC_1965.jpgaDSC_1966.jpg

ランチをと思っていった青葉台のcafe eightがなくなっておる〜!
写真ではあまり分からないですが、心臓破りの坂を自転車押して、押して、押して。
自転車だと、渋谷の「谷」をより実感します。

aaDSC_1968.jpgaaDSC_0013.jpg

表参道のpure cafeにしました。
もともとベジ寄りなひな坊ですが、ここの食事はほんとよく食べます。
セロリ+キウイ+オレンジの、セロリ臭ぷんぷんなジュースは、
ひな坊がごくごく、一人占めされました。


aDSC_1972.jpgaDSC_1971.jpgaDSC_1973.jpg
国連大学のファーマーズマーケットへ。大賑わい。
以前より出店も増えてるし、なにより、近郊野菜だけでなく、西の野菜も増えてました。
スーパーよりもちょい高いくらいで、これだけそろえば満足です。
葉ものとか最近ありつけてないので、自転車のカゴいっぱい買いました。

下の写真は岩塩の店。
塊はお風呂に使っているのですが、
これまでピンクとかオレンジの塊は使ったことありますが、
黒いものは初めて。
ヒマラヤでしか取れないので、希少だそうです。

使ってみると、たちまち風呂が温泉に。硫黄臭です。
そしていつまでもポカポカ温かい。
風呂上がりの父子は、季節外れのパンイチ’sでした。


bbDSC_1974.jpgbbDSC_1977.jpg
神宮外苑のイチョウ並木に行ってみましたが、紅葉はまだまだ先。
原宿の雑踏を抜けて、代々木公園経由で家路へ。


aDSC_1978.jpgbbDSC_0036.jpg

行ってみたかったパン屋のLeVain。いつも夫の出前でお願いしてました。
ここのパンは別物。酸っぱい&ハードなパンはjust for meです。
(男の人ってハード系のパンとかあまり好きじゃないですよね。)

それから父親がいると、トミカ買ってもらえると思ってるひな坊。
262円で買えるからいいじゃん、ってその中途半端な動機付けやめてほしいんですけど。
途中回り道して、トミカを買って、(ケーキ買って)、帰りました。


今日買った野菜をぷりっぷりのうちにいただきます。
緑色ばっかり。あと白米。
(これまた夫がいるときは白米。2人のときは雑穀米とか
玄米とか・・・こういうの、男の人、好きじゃないですよね。)
ついで分かりづらいですが、小鉢に入ってるのは、
山芋+オクラ+もずく+トマトのネバネバあえもの。ひな坊の好物です。
ほんとはこういうのが、好き。
前記事のすきなたべもの、あめ、は撤回していただきたいんですけど・・・。




買って来たトミカと一緒に・・・よくばりすぎでしょ。








カメラのこととお知らせ
今日はカメラのことを。


雑誌に写真掲載されました。

前につぶやいてましたが、こちらでは忘れてました
雑誌カメラ日和11月号、ハローニコンDシリーズです。
採用のご連絡を頂き、わー嬉しいー!と雑誌を手に取ってみると、
えっ、これ〜!?
映っているのは、ひな坊と私。
ということは・・・撮影は夫です。
何枚か応募したのですが、これも一応・・・くらいに応募したみたんですけどね。
カメラのことを知らないくせに(笑)、たまにいい写真を撮ります。(くやしー。)


初めまして?のsaanaです。





写真を飾ってみる

撮りためている写真たちは、PCの中に溜まる一方でしたが、
(珍しく)気が向いたので、ちょっと制作してみました。

先日LOMOでフォトクリップを見つけました。→
なつかしいかなLOMO。一時期私もはまってたときがありました。
なにが撮りたいか分からないような写真でも、色見でそれっぽくなるような、
思い出せば、あのべったりとした濃い色、くっきりとした空の青とかが好きで、
その延長で、デジイチになっても、濃い色を好むんだなと。


久々のlomowall(こんな感じ→)に感化されて、
眠っていたロモ魂に火がつきました。
当時はブログやHPなどのツールが今ほど使えなかったから
アナログで表現だったけど、今やFlickrのアルバムやtwitpic、
ブログでのコラージュとか、こういった要素に共通するなぁと。


自分が今したいのは、少ない写真をフレームに入れて...というのではなく、
ロモウォールもどきにしたい衝動がむくむくと。
お気に入り写真たちを現像して、作ってみました。

で、並べている最中に気づいたこと。

子供の写真は異常なまでに縦ばかり。
風景は横ばかり。(当たり前か)
発色のいい色とか、光の具合とかにインスパイアされて撮る。そんな感じです。

で、出来上がりました。








それから、お知らせ。

時々お手伝いをさせてもらってる、カメラマンのなおこさんのフォトクラスに
先日テレビの取材が入りました。
その延長で、なぜか?昨日カメラが我が家にやってきました

bR0020149.jpg

明日の朝、日テレZIP!の「ハテナビ」というコーナーに
ちょこっとですが出ます。
ママカメラマンが増えてます〜というものらしいです。

bDSC_0163.jpg


普段の生活でどれくらい撮っているのか、
いろんなところ多めに撮ってください〜とのことでしたので、
あり得ないだろ〜くらいに撮ってます。パー子です。


この2人のバトルでてんやわんやでした。

はぁ、しかし(テレビ)カメラは苦手です。
てか、得意な人もいないんでしょうけど。
これだけ撮って、使うのはせいぜい1,2分だから気にしないで〜
とはディレクターをしてるママ友談。それで少しは気がラクになりましたが、
そもそも、私なんぞがカメラについて語るなんて、大それたことです。
たじたじして映ってます。

現場の方がいかに大変かですね。お疲れさまでした〜。

ba.jpg