息子のこと、日々の暮らしのこと。

<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< Hawaii/フラショーetc | main | くっきんぐ >>
スキーwith従兄弟ファミリー
先週末はスキーに行ってきました。
今回は甥っ子ファミリー&義母と一緒です。

でも初日は雨まじりのみぞれ。
大人だけならまだしもこのチビたちを連れての
視界不良は辛いだろうということでスキーは断念。宿に。


チェックイン時刻よりも早く着いて、することといえば、温泉です。
なんだけど、またチビ助たちと一緒に騒がしいな〜と思いきや、
おっ、今回は初めて。
三坊主たち、全員男風呂へ行きましたわ。
小3の甥っ子はさておき、4歳&3歳コンビも「男に行くー。」
うそーこんなこと、初めてのこと!
やれやれ、ゆっくり入らせてもらいますか〜。ぷへ〜っと湯船に浸かっていると、
隣から騒がしい様子が伝わってきます。



今回の宿はこちら。
aDSC_0088.jpg
奥蓼科 明治温泉旅館→


温泉は鉄炭酸泉というもの。
お湯は茶色で、なめると鉄の味がして、浴槽の淵には鉄の粉が。

いつも温泉に入るたびに思うのは、私たち日本人、
すごいところに住んでいるんだなぁということ。
これだけ狭い国土に、よりどりみどりの泉質を持つ温泉が点在していて、
この大地からのパワーを直にいただく術をもっているということ。
私たち、パワスポの上に暮らしてると思いません?
ほんと日本人って素晴らしいって思えてくるのです。


内風呂の中に冷泉があるのですが、交互に入るとよいとありますが、
最初は入るのに勇気が入りましたが、いざ入って慣れてみると、なんか病みつきに。
体が適度に冷えるから、また湯船に入れて、また冷泉に・・・
なんてなことを、来たからにはやらねば精神、好奇心旺盛な義母と
一緒にずーっとやってました。


そんなときに男風呂は、冷泉遊びで「キャー。」
温泉から上がったばかりの坊主たちの体はひんやり。
夫はまた入り直してましたけどね。でないとプシュっと一杯が美味しくない〜。



それから夕食。
aDSC_0005.jpg



部屋に帰れば、ありあまる体力でプロレスごっこみたいなやつ。
aDSC_0064.jpg
で誰かがケガして終わる、みたいな、よくあるストーリーです。






さてさて、スキー。
今季2度目でもあり、前回の教訓を生かして、雪上前の陸上学習?なるものを。
「はのじ」です。
止まるとき、しゃがむ〜で立って滑る〜。



黒タイツ星人現る。しかも音付きです。
「しゅーしゅー」に代わって最近は
「ぶーん」車ですかいっ。
ゲレンデでもぶーんぶーんやってましたけどね。




スキー場は車山高原。
ここは晴天率が高いと聞いていたのですが、
前日のみぞれよりはよいものの、雪の降る中でした。
ま、でもスキーブーツを履いたり、帽子を被ったりというのは嫌がらないし、
むしろいとこの兄ちゃんたちも一緒で、早く滑りたい滑りたいモード。

aR0021126.jpg



後に少しだけ晴れ間が出てました。
aR0021150.jpg
スキーも楽しいけど、山の景色は本当にきれいで癒されます。




いとこファミリーと1枚。



2回目の滑りはだいぶ安定してきて、今回は手をつないで滑ることが多かったです。
手を離しても案外バランス取れていて、長い距離を滑れるようになりました。
本人も楽しいみたいで、何本も滑りました。

小学生の甥っ子はだいぶ上手いので、1人でどんどん滑ってて、
あとはそれぞれ4歳&3歳コンビがスキー2回目でいいとこ勝負です。
どっちも父親につかまれて滑るのが嫌で「1人で滑る〜」タイプ。
暴走して、こけて、おかしかった。


ひな坊2回目スキーの記録です。






しかしこの2人の絡み、毎回笑えます。
ちょうど1歳違いだけど、来年はこんな風になってるのかなぁ。aDSC_0100.jpg
がしゃがしゃ物色中。買いませんよ。


a1.jpg
はい、ポーズ。

しかし、甥っ子が坊をよぶとき「ひなくん」というのに、
坊が甥っ子を呼ぶ時は「ともきー」呼び捨てなんですよね〜。





で楽しく帰りましたとさ、で終わるところなのですが、余談。

甥っ子ファミリーの車。
スタッドレス履いてますが、大型車。雪道に非常に弱いです。
去年蔵王に行った時も立ち往生しました。
で、今回、宿から車道に出るまでも嫌な予感の上り道。
でもこれは事前申告して、宿の車に引っ張ってもらえてセーフ。
aDSC_0092.jpg

で、スキー場からの帰り。
車が繋がっていてノロノロ運転。
止まることなく上りきりますように、と心配しながら見ていた最後のカーブの上り道、
不運なことに先がつまってしまい一旦停止、その後、やっぱり止まってしまいました〜。

後続の車も続いていて、あちゃ〜。
とりあえず私たちも車を寄せて坂を下りていこうとしたら、
前後の車から5人くらいの男性がわーっと出てきて、みんなで車を押してくれました。

無事車は動き「ありがとうございました〜」とお礼を言うと、
みんな「お互いさまですから〜」とか「お気をつけて。」の言葉まで。
本当に心温まる出来事でした。





帰るよ〜というときにソリに雪を詰め込む2人。
家にもって帰りたい気持ち、分かるかも・・・。









スポンサーサイト
子供ってほんとすごいのね。
あれこれ教えなくても、ちゃんと滑れてる。案外手を離しても自分のバランス感覚で体制立て直したりできてたからビックリしたのよ。こりゃ男子でスキーに出かける日も遠くないかな・・・?
温泉はね・・・今度行く時は霧島・人吉(←おおっ新ネタ!)どうかな〜と思っとりまする。
saana | 2012/03/07 00:08
わー男子!
男子で群れるようになりましたねー。
saanaさんもちょっと温泉ゆっくりですね。ウフフ。

スキー、上手!
この年からバランス感覚見につけたら、すごい事になりそう!

雪山にはなかなか縁がない私たちだけど、温泉はこちらにもいっぱい!
そうですねー。たまにはパワーもらいに、行きたいな☆と思いました。
でも、雪山でしっぽり温泉、にもあこがれるなぁ…。
chiho | 2012/03/05 19:14
COMMENT