息子のこと、日々の暮らしのこと。

<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 庭の楽しみ | main | Sports Day >>
JR九州の電車&雑記
今回は珍しく?多分お初?鉄道ネタです。

坊と同じくらいの年の男児はたいてい、車派、電車派に分かれると
思うのですが(あ、まだ戦隊モノには足を踏み入れておりませぬ)、
坊は車派でして、ま、プラレールを敷き詰める初期投資に比べたら、
トミカ数台で満足してる坊がかわいくもあるのですが、
帰省したときは、この人が小鉄だったらなぁ〜なんて。
博多駅での電車ウォッチングも楽しいし、帰り博多から実家への電車も
基本ローカル電車なのですが、たまに停車する特急電車に乗れないか、
どの電車が走っているのか、を聞くのにみどりの窓口に並んでみたりと(笑)
なにげに九州限定のママ鉄かもしれません。
そんな感じで、ちょっと魅力的なJR九州の電車のことを。



この時期、新緑が一番美しい時期、例年ならば九州の山・・・
阿蘇、久住、霧島あたりに出かけるのが常なのですが、
今回は帰省が母子ということもあり、実家のみの滞在でした。

電車に乗るとJRの車内広告で山が、温泉が〜呼んでますが、行けず残念。



↑JR九州列車の旅
http://www.jrkyushu.co.jp/tabi/portal/index.jsp から引用




↑九州新幹線で熊本、鹿児島へ
http://www.kyushushinkansen-warau.com/ から引用




個人的には定番の熊本は阿蘇に加えて、最近鹿児島との県境にある人吉、
あとは福岡は久留米から山にかけてのエリア、朝倉や筑後あたりも気になります。

このフリーペーパーを読んで影響されてます。
スローな街歩き「ちくご散歩」
http://www.crossroadfukuoka.jp/chikugo/




なぜJR九州の電車のデザインがおもしろいのか、
ざっくりとググってみましたら・・・
収益性の高い列車を持つJR東日本、西日本、そして東海道新幹線を持つJR東海、
これに比べて九州はそういった路線もない上に、九州自動車道が早くから
整備されているので、車以上に魅力のある電車を作るという方向になったそうです。

そして、車両デザインを語る上で欠かせないのが、
工業デザイナーの水戸岡鋭治氏というお方。


→躍進するJR九州が人を呼ぶ理由は“できない”ことを“やる”
http://goethe.nikkei.co.jp/human/110915/


→JR九州のユニークな駅 レトロな駅vs水戸岡デザイン駅 
http://allabout.co.jp/gm/gc/384674/







水戸岡デザインに魅せられまして、図書館で一冊借りてきました。




これ、氏のデザイン画集&沿線の観光情報をイラストで。


九州新幹線つばめ


つばめの車内


つばめのポスター。シブすぎる〜。


旅ゴコロも刺激されます。






787系「つばめ」がホテルにたとえられるならば、
「ゆふいんの森」は別荘のような〜だそうです。


美しいニッポン。(ライトの下で撮ったので写真が全体的に黄色いですが。)









以上、なんちゃってな鉄ヲタ記事終わり。以下は、暮らす場所、について考えたこと。

帰省すると、毎回この本に書いてあることを、痛感します。
特に311以降、どこで暮らしていくのかということ、誰しも考えたことだと思います。




毎度帰省や旅したときに思うのです。東京暮らしって・・・。

やんわりと田舎暮らしに憧れるところもあるけど、
現実として、東京を離れるという決断もできないし、
実際の暮らしはこちらにあり、東京の暮らしだって楽しいし大切にしたい。
でも週末ごとに
「今日はどこいく〜?」
「そうね、公園行って、帰りにパン屋行って・・・。」
そんな週末が続くとなるとそれもまた閉口してしまうのであり。(身勝手な。)
まぁ、どちらがよくて〜と決めるのは難しい話です。



今回数日の滞在で、自然の中でニュートラルな自分に戻り、はて?
自分の中の思考でふと気づきました。

毎度実家から東京に戻るとき、
「次帰ってくるのはいつかな〜来年かな?」

↑この思考、帰省は年に一回って誰が決めたんだ?ってことです。

もしかしたら、自分で勝手にそう決めつけてるだけであって、
確かに去年のような長期の滞在は難しいかもだけど、
今回のような数日といった滞在でも存分に満喫できるわけで、
心も体も解放された分?新たなアイディアが浮かんできまして。

これからは格安航空の時代。日本も海外並みな時代になると信じて、
週末プチ田舎暮らしだって存分にあり得るわけです。

ここに綴るとぶっ飛んでる感もありますが、
毎回の新月のアファメーションに追加することします。
書くことは実現すると思ってるので〜ムヒヒ。



今は日がどんどん長くなって嬉しいですね。このときの福岡の日の入りは19時頃。
帰る前の日、この夕陽を眺めて、充電完了です。








と余談。
東京に戻る便、福岡空港にてのこと。
日曜の空港は大混雑。保安検査場では間際の出発の乗客を別ゲートで
案内するスタッフが走り回ってました。
みんな帰るのね〜とチェックインしようとチケットを出して目に入ったのが・・・
「東京成田」
ん!?

なんだこれ〜!行かない行かない行かないし!
坊の手を引いて大急ぎでカウンターへ。
はい、予約ミスです。わたくしの。
日曜の便なのに、結構ガラ空きなのね〜と予約したのは覚えてます。
そりゃそうですよ、成田ですもん〜。

ダメ元で羽田便の空きを確認してもらって・・・でもバラバラで空いていても仕方ないから、最悪成田からバスで帰る覚悟をしていたら、なんと2席並びで空きがあったのです。
それでもって、この便満席となりました。
で、出発間際だったので、特別ルートから案内してもらっての搭乗でした・・・。
私らしいっといったら私らしいエピソードですが。(爆)
完。





スポンサーサイト
hiraさん、こんちは〜。
ブログ見ましたよ〜。なーんてすごい大自然!
ユウキくんも濃い目フェイスだから?ますますなじんじゃう感じ?(笑)いやいや一回りも二回りもたくましくなったんじゃないじゃないですか??泳いだんですね。すごいな〜。
草津もとてもいいけどプラスして小笠原も。思い描いてるといつの日か・・・叶うとよいですね〜。でもって九州も次回帰省のとき、どれ乗りますかね^^
saana | 2012/06/18 23:05
ちほちゃん、
今頃のお返事だけど・・・すっかり放置中〜。
そうねそうね、暮らすってこと、隣の芝生は青く見えるわけでさ・・・そういうこと、旅すると色々感じるわけであって。実際旅できなくてもそういうノマド的要素は持ちえていたいよね〜と思うわけです。だと、今自分が暮らしている場所、暮らし方についても、またいいところが見えてきたりしてね。とはいえ、緑の濃い大自然はやっぱり憧れる〜。格安航空の時代、期待したいっ。となると、醸しものもらったり、パイン持っていったりなこともできるかもだし?(笑)
saana | 2012/06/18 21:40
九州の鉄子ネタ、とっても楽しかったです!
かもめはTGVみたいだし、つばめは外の景色より内装の写真撮るのに忙しいくらいだし、由布院の森もかっこよすぎる。理由を聞いて納得です♪

「暮らす」
私も今回の小笠原旅行で今まで以上に考えました
週末の草津の山小屋生活をありがたいと思ってたけど、小笠原の「The大自然」を目の当たりにしして欲が出ます…、かと言って動けないんですけどね。。。

ブログ6/2〜6/5辺り、記事に載ってるので興味あったら見てください〜。
http://ameblo.jp/bluelace-ogasawara/
イルカスイム、夜の砂浜に産卵に来る海亀、何もかもが◎でした。
hira | 2012/06/08 09:44
九州在住ながら、知らなんだーーー!
saanaさんすごいー。なかなかに鉄子さんですね。
そういや、はやとの風、普通に走ってますしね。
ゆふいんの森号も、乗った乗った。山?森?の中を抜けていきました。
菜の花色の指宿枕崎線は彼実家から市内へ通学車両だし。
つばめも車内快適だし。
気づけば魅力的なJR九州。
こちらに居ると、もう飛行機乗って関西or関東、それか車でいける範囲で隣県、南にいけば船?みたいな感覚になってしまって。
見直してもっと乗りたくなりました〜〜〜。

週末田舎暮らし、いいと思いますー!そして、実現しますよ、絶対。

こちら市内で生活をたてるのは、一家まともに暮らしていけるような仕事になかなかありつけないとか、厳しい面もあり。
ド田舎まで行って、土にまみれて生活をしてる友達にも、見てるとやっぱり厳しさがあり。
都会で生活していくのもきっと、ものすごくエネルギーが必要、燃費高い感じだったり。でもこちらから見ると、例えばほんとにおいしいパン屋さんがすぐある事や、上質の刺激、シティライフだからこその整ってる感、安心感、みたいなものが、うらやましいです。

こちらは山の中のド田舎が車で30分ちょい、でも実際ここは港湾地帯でデカいショッピングモールまで5分、何でもあるようなないような、みたいな、ダサめでジャージの似合う、微妙な田舎。
微妙だけど、それなりのいいところがあるはずなので、活かして、生活してみたいです。

刺激的な記事でしたー♪
chiho | 2012/06/02 09:20
COMMENT