息子のこと、日々の暮らしのこと。

<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 盛夏 | main | 2012夏休み/阿蘇水基巡り >>
2012夏休み/阿蘇へ
今年の夏休みは、またまた?の阿蘇。
帰省を兼ねての阿蘇は定番化しつつありますが、
今年は阿蘇に加えて久住、由布院、この狭いエリアに5泊、
しかもwith義母、という旅でした。


DSC_4286.jpg
熊本に到着。
空港が「阿蘇くまもと空港」ってのがテンション上がります。
その名のとおり、阿蘇はすぐそこです。




今回の飛行機、待望のB-787、快適でした。
写真ないですが、機内の照明が虹色だったりして。
最近飛行機に乗れば「テレビがない!」という坊でしたが(それ国際線でしょ・・・)
今回はありました。

R0021619.jpg
使いこなしてるつもりの人。


こんな機能もあったりして。


あと、窓ガラスに日よけのブラインドがないなと思っていたら、ここでした。
DSC_4281.jpg

ここのボタンを押すと、徐々に窓が暗くなっていって
R0021622.jpg
こんな感じになります。







さてさて、阿蘇路です。
DSC_0044.jpg


DSC_0048.jpg




DSC_0057.jpg
草千里
左手奥にうっすらと噴煙が上がっているのが、阿蘇中岳の火口です。
今回は行けるかな?
というのも火山ガスが発生していて、風向きによっては近づけない日があるからです。
ここ3回ほど行けずでして、10年ぶり。

DSC_0086.jpg
ボルケーノ。
圧倒的な地球のパワーを感じる場所です。





DSC_0107.jpg
米塚
ボルヴィック的な山。雲の流れが美しい。頂上から段ボールで草すべりしたい。(笑)



DSC_0247.jpg
左手に阿蘇五岳


DSC_0249.jpg
右手に阿蘇外輪山な道をドライブ。


DSC_0251.jpg

この大自然を前にすると、日々溜め込んでいる小さなことetcなどが
一気に削ぎ落とされるような、強制リセットされる感覚です。



先月の豪雨災害で、美しい眺めがどうなっているのか不安でもありましたが、
観光で成り立っている場所なので行かねばという思いと、
いやいやなによりも自分が一番行きたい場所なのであって。
ところどころ豪雨の爪痕は残っていて工事が行われていましたが、
大自然のエネルギーは変わることなく、どこまでも青い阿蘇でした。






スポンサーサイト
阿蘇への愛か〜。
だから無になってるときに繋がったのかなぁ。
しかしインドに渡る日が来るのだろうか・・・とほぼ満月を見ながら考えてしまったよ。
現実が夢、思うことがあって、あとでコメントしようかな。
saana | 2012/08/31 02:17
ちはー
PC変えてからなかなかおじゃまできず、久々ブログおじゃましました〜

いつも以上に、saanaちゃんの阿蘇への愛を感じたよ☆
豪雨の後でどうなってることかとちょっと心配だったんで、写真みて一安心。

無性に山にこもりたい・・。
india | 2012/08/29 13:38
季節によって全然違いますよね〜。夏の阿蘇は久々でした。
火口は行けそうでなかなか行けなかったりしますよね。
ところで阿曽さん、それはとんだ災難。(笑)でもその阿蘇の歌ってのがとーっても気になります。
saana | 2012/08/25 02:13
やっぱり阿蘇はいいねえ。
夏は10年前に行ったけれど、さすがに火口近くまでは行けてないです。

余談ですが中学時代の部活の後輩に阿曽さんって人がいました。中1国語で「阿蘇」の詩を学習するのですが、定期試験で「この詩の題名は何か」と出題されて、試験後阿曽さんが「クラスのみんなが私の名前を書いて×をもらったんです。私のせいにされて…」と泣きながら訴えていたのを今でも思い出します(苦笑)。
haru | 2012/08/22 10:34
COMMENT