息子のこと、日々の暮らしのこと。

<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 2012夏休み/遊水峡 | main | 2012夏休み/黒川温泉、赤川温泉 >>
2012夏休み/久住山
川遊びの次の日は、山登り。
久住あたりでトレッキングをしようと思ってたのですが、
久住山は比較的簡単に登れる(1700m級)らしいので、登山をすることに。
そういえば私も小さい頃、幼稚園のとき何度か登ったことあったしなぁ。



が、当日はこんな天気。
山の下は晴れていたというのに〜。
DSC_4325.jpg


でも、雲の流れは早く、時折こんな感じで青空になるのです。
DSC_4330.jpg
もしかしたら止むかも?と待っていたのですが、降ったり止んだりの天気で。


でもでもせっかく来たので、途中まででもよいから登ってみようか、
ということになり、売店で簡易のレインウェアを買っていざ入山。


主人と私はオソロのようなパンツなのですが(というかオソロでしょ)、
今回坊も同じものをそろえて履いてきたのですがこの雨。
足場も悪く泥だらけになってしまうので、お着替え。デビュー見送りです。


久住山に登るには、まず沓掛山に登って縦走、それから久住山、というルートです。
(最短の牧ノ戸峠より)
とりあえず沓掛山登頂。って案外すぐですけど。
DSC_0422.jpgaR0021659.jpg
今回義母も一緒で3人ショット撮れるのよいですね。
しかし、何度撮っても夫の顔が切れてる。(笑)
10枚くらい撮ってようやく3人が収まった1枚。坊はほとんど見えませんが・・・。


DSC_4334.jpg
でも雨が結構降ってきました。
ここから縦走、山の向こうが久住山です。



晴れていたら阿蘇まできれいに見えてたんだろうけどなぁ。


DSC_4337.jpg

で、これ私達のいいところでもあり、悪いところでもあるのが、
挑戦しすぎるところ、と言えばいいのだけど、無謀でもあり。

坊が0歳の時の屋久島では、白谷雲水峡に行き、
帰りを回り道(山あり谷ありのアップダウンを激しい道)して疲弊し→
去年の屋久島2回目では、坊も大きくなって自分で歩くには限られるしで、
ヤクスギランドを軽めにと思ったのが、
途中欲が出てその先の太忠岳まで登ってしまったという、
最後は岩場をロープ使って登ったりとりして、
やっぱり疲弊して帰って来たという経験が。→


今回もそうなってしまうのか・・・でも今回は義母も一緒だし、ましてやこの雨。
なので、いつもならイケイケな夫に、乗ってしまう妻、が今回セーブ役に回りました。
時間で区切って、14:30まで登れるところまでという条件で。
ドMの夫的にはかなりの消化不良のようですが、なにかあってからでは遅いですし。
登頂は次回に持ち越し、山は逃げないですしね。


DSC_4362.jpg





しかし、お義母さんには事前の準備段階で、トレッキングもするので、
靴も準備しといてくださいね〜と連絡してました。
でも蓋を開けてみればトレッキングじゃなくて、登山になってるしー。
しかもこんな雨だしー。

トレッキングの靴ということで、街用+αくらいの靴だったので、
3人のうちで一番滑る滑る。んで、新調してきた靴が真っ白・・・は泥だらけで、
新品だっとは思えないモノに・・・。すまそんね。



ついで、坊のキャリー。
今回引き返そうと思ったのは、この雨だけでなくて、坊の様子がちょっと変?
なのが気になっていたからです。
いつもながら、キャリーは大好きで乗る乗ると楽しみにしていました。
そして、乗れば揺れが心地よいからか、すぐに眠る・・・のが今回は全く。
やっぱり成長したから眠らなくなったのね、と思いきや、
気のせいか元気がない。無言だし、キャリーから降りたいという。どうしたの?


aDSC_4355.jpg
浮かない顔。

aDSC_4354.jpg
やっぱり浮かない顔。



お○んちんが痛いというのです。
キャリーの位置が悪いのか、大きくなったからもう卒業な時期なのかなぁと。
途中サポートのタオルを入れたりしてましたが、どうもヘン。
顔はうつむき加減だし。


と、気づいた夫、そういや去年の登山で相当汗をかいたから
キャリーを取り外して洗ったんだった、とその後の装着が適当だったみたいで、
かけるところのベルトがかかってませんでした。
そういや、年々大きくなって出るはずの頭が出てなくて、埋もれてたよね・・・。


aDSC_4357.jpg
そうです、こうですよ、正しい位置。

この子ったら、痛いのをガマンして、雨の中を歩く大変なことを見てか、
空気読んで言えなかったのかな・・・。ごめんね・・・。
しかも直したのは、下山するときでしたから〜。ほんとごめんね、こんな親で。






aDSC_4388_2.jpg
登頂記念?(してないか)のアイスクリーム。


でも、無謀なことせずに早く下山したから、その分宿の温泉を堪能できました。








スポンサーサイト
すっかりここのコメントを飛ばしており失礼しやした〜。もう季節外れもいいとこなこの更新具合、色が違うって感じでしょ〜。
までもいつも詰め込み系で遊ぶ旅だけど、今回は日程が日程なだけにほんと好きなことたくさん詰め込んだ旅でした〜。そうそう、隣県だよね。という霧島あたりも多分発掘すれば、相当面白そうでリピしちゃうんだろうなぁ。
また屋久島帰りのトンカツagainしたいよね。
saana | 2012/09/25 02:55
良い旅!!!!
すばらしい〜〜〜☆☆☆
大自然、水、アットホーム、里山な感じ、お湯、登山でおそろのパンツ(カワイイ〜♪)。
しかも義母様と一緒に楽しむとは、なんと親孝行な〜!

確かに義母様カメラという手が加わると、集合写真、撮れますね!

太鼓岩の一件とトンカツを思い出しつつ(笑)、そんなsaana一家、いいなぁ〜〜♪

といっても、よく考えたら隣県での旅日記!
なかなか海が近いところしかでかけない私たちですが、豊かな水をみて、ちょっと山系もイケるかも?と思いつつ。

よい夏休みでしたね〜〜☆
chiho | 2012/09/05 20:52
COMMENT